【プロが教える】失敗恐怖症を克服するためのマインドの使い方

失敗しても大丈夫

執筆者

プロフィール写真
コーチ 中原 宏幸
岡山県を中心に個人、団体を問わずコーチングを実施、広める活動をしています。
仕事、家族、恋愛、人間関係の悩み解決をサポート!
詳しいプロフィールはこちら
このブログでは日々の暮らしの中での、
マインド(脳と心)の使い方を、できるだけ平易な言葉でコーチング的な観点から解説しています。
facebook    twitter     Instagram    google+ youtube

大阪駅周辺で体験コーチング特別キャンペーンのお知らせ
【各時間名様】
5月8日(月曜日)・12日(金曜日) 大阪
トライアルコーチング60分+コーチング講義50分特別パック 半額キャンペーン

  1. 10:00〜
  2. 12:30〜
  3. 15:00〜

今月の私の大阪出張に伴い、キャンペーンを兼ねた特別オファーのご案内をさせて頂きます。
5月8日(月曜日)  大阪 10:00〜の1席のみ

私はコーチをしています。

 

コーチはマインドの使い方をマスターした専門家です。

 

マインドとは脳と心のことです。

 

この記事ではコーチング理論をベースにした”失敗することの恐怖を取り除く方法”をご紹介します。

 

あなたは失敗を恐れたことはありませんか?

 

さらに失敗を恐れることで、新たなチャレンジを踏み留まってしまった経験はありませんか?

 

もしYesであれば、それはとても勿体無いことです。

 

なぜなら”失敗することの恐怖”というのは、マインドの使い方を知ることでコントロール可能だからです。

 

失敗恐怖症とは?

失敗恐怖症をご存知でしょうか?

 

失敗恐怖症

失敗恐怖症は、恐怖症の一種。自分が何かに失敗、もしくは敗北する可能性に対して極度の恐怖を感じる症状を指す。敗北恐怖症とも。

概要

失敗恐怖症患者は自分がリスクを伴う行動、または伴うと判断した行動を行おうとすることに対して極度に反発・抵抗してしまう。

これは、失敗したときに結果として残る恥ずかしさと屈辱をなんとかして避けたいためである。

そのため、成功の可能性が100%だと判断した行動しか実行できない。

また、自尊心も強く、完璧主義が併合していることが多いが、だからといって完璧主義者が失敗恐怖症であるわけではない。

失敗恐怖症の発症原因

発症原因としてよく見られるのが、子供の頃に失敗した際に莫大な恥や屈辱を周りの人から受け、それがトラウマとなり、一生「挑戦」することが出来なくなる、といったものである。

wikipediaより

失敗のリスクを恐れるというのは誰もが持っている生物としての正常な反応ではないかと思います。

 

しかしそれが極度に敏感に反応してしまうと問題です。

 

日常生活に支障をきたしてしまう場合などは専門家に委ねる必要があるでしょう。

何でもない失敗に恐怖を感じる理由

”アンカーとトリガー”という言葉をご存知でしょうか?

 

『ある心理状態もしくは体感状態』のことをアンカーと言います。

 

そして、その心理状態を呼び起こす「引き金」となるのがトリガーと言います。

 

カルト宗教の洗脳に使われることもありますし、強烈な体験によって自然に(自分で無意識に)できてしまうこともあります。

 

今回の失敗恐怖症でもこの”アンカー”が強烈な恐怖体験によって出来てしまっています。

  • 過去にクラス全員から笑われてしまった
  • 大事な場面で突然、言葉が出なくなってしまって、誰も助けてくれなかった
  • カラスに追いかけられて、襲われて怪我をした

これらのことを思い出して”辛かった”、”嫌だった”などと思うのはある意味当然かもしれません。

 

実際に顔から火が出るほどの恥ずかしい思いや、怖い思いをしたわけですから。(あくまで、本人がしたと思っている

 

しかし、あまりに強烈に情動記憶として残ると、後の類似した体験(無関係に思えるものでも)によってその”恐怖体験の記憶”(アンカー)が引っ張り出されるのです。

 

これがアンカーとトリガーの関係であり、様々な恐怖症の原因の一つになっているものでもあるのです。

失敗の恐怖の正体を知る(トラウマ編)

恐怖を感じている状態というのは、情動に支配されている状態だと言えます。

 

つまりビビってしまって、震え上がっている状態なのです。

 

当然、論理的な思考はできていません。(思考停止状態です)

 

どう冷静に、かつ論理的に考えても震え上がってしまう、、、

 

という状態を体験したことのある方はいないのではないかと思います。笑

 

逆説的ではありますが、恐怖を冷静に論理的に思考すれば、すぐに小さくなって感じなくなるレベルまで弱めることは簡単です。

 

私の小学生時代の例を挙げますと、笑われたり、恥ずかしい思いをすることに対して強烈な恐怖心を持っていました。

 

特に大勢の前で話すことは本当に苦痛でしかありませんでした。(緊張してよく声が裏返っていました)

 

今、考えるとすぐに分かることですが恐怖に実体などありません

 

笑われるのが怖い理由などあるはずがないのです。

 

ではなぜ、当時の私は笑われる恐怖に過敏になっていたのでしょうか?

 

それは周りの影響です。(とくに親や友達)

 

周りの大人や友達が『笑われることは恥ずかしくて苦痛だ!』という考えを持っていたため(言葉や態度に表していたため)、それを受け入れてしまったためです。

 

ですから、あなたが幼少期に無意識に受け入れてしまった”根拠のない価値観”(有害な価値観)をいつまでも受け入れておく必要などありません。

『ミスは許されない』というプレッシャーを分析

失敗の恐怖心は過去の自分が無意識に受け入れてしまった”有害な価値観”であることは理解していただけたと思います。

 

これは過去のトラウマとも言える強烈な情動記憶によるものです。

 

これとは別に会社やチームなどでミスのない仕事を求められ続けた時の重圧に耐え切れず失敗の恐怖に囚われてしまった時の対処方法をお伝えします。

 

ここでも共通して言えることは、恐怖を冷静に論理的に分析してみることです。

 

絶対成功させなければいけない仕事を例に考えていきましょう。

 

失敗は許されない、、、

 

この言葉に失敗の恐怖や重圧を感じて自分の実力が発揮できないという経験は私を含め、多くの人が経験済みなのではないでしょうか?

 

まず知っておかなければならないのが、100%失敗しない仕事ができる人なんていないということです。

 

たとえ30年のベテランでもミスはします。

 

どんな世界的なアスリートでもミスは起こるのです。(そうでなければ世界的ストライカーがPKを外すはずがありません)

 

よくベテランが新入社員に対してプレッシャーをかけることがあります。

 

私もサラリーマン時代によく『ミスするなよ!』とプレッシャーをかけられました。(精神的に)

 

ここでベテランはどう考えているかというと、当然新人に100%の仕事など期待していません

 

もちろん職種や業種にもよるとは思いますが、本当に期待していたらそのベテランの方が問題です。

 

ですから言葉通りに受け取るのではなく『全力を尽くせ!』もしくは『全力以上のものを出してみろ!』ぐらいのニュアンスだということを理解しておく必要があります。

 

そうでなければすぐにミスする恐怖に囚われてしまって、思考停止になってしまいます。

 

想像したくないですが、そうなるとミスの連発です。

 

今まで出来ていたこともできなくなってしまうでしょう。

 

ですからミスする恐怖など考えずに全力で取り組めばいいのです。

 

それをわかってプレッシャーをかけているのですから。

恐怖はあるかどうかではなく、見えているかどうか

恐怖は実体のないものだとお伝えしました。

 

そこで先ほどのミスの許されない仕事をどういうマインドで行えばいいのかを見ていきます。

 

あなたはまだ新人にもかかわらず、大きなプロジェクトを任されました。

 

結果によって、この先の自分のポジションにも関わるような一大プロジェクトです。

 

もちろんやる気に満ちていますが、プレッシャーに押しつぶされそうになっています。

 

こんな時どうしますか?

 

恐怖に実態はありません。

 

ですから見えるかどうか、感じるかどうかはあなた次第です。

 

では恐怖を感じなくするにはどうしたらいいのでしょうか?

 

恐怖を感じなくなった経験はありますか?

 

私はあります!

 

詳細は省きますが、初めてのライブで恐怖を初めてコントロールすることができました。

 

その時は『人間の足って本当に棒になるんだ、、、』と思いました。笑

 

私が何をしたかと言いますと、演奏に集中したのです。

 

期待はずれの答えですか?

 

でも本当にこれだけでコントロールできました。

 

大満足ではありませんでしたが、一応納得できる内容でした。

 

これは私の経験ですが、苫米地式コーチング理論で説明できます。

 

結果的にやったことは恐怖から目をそらせたのです。

 

しかし子供の頃に言われていた『怖いのなら見ないようにしましょう。』といったことではありません。

 

私たちは恐怖をただ見ているわけではないのです。

 

その恐怖が、

  • 会社の運命を左右する重大なこと
  • 自分の出世に関わるようなサラリーマンにとって重要なこと

 

ほど、ロックオンしてしまうのです。

 

目をそらせなくなるのです。

 

ですから『見ないように、、、』などと言われても、そんなこと出来るはずがありません。

 

私が行ったのは自分がするべきことにロックオンしたのです。

 

冷静に考えてみたのです。

 

今、すべきことな何なのかを。

 

それは起こってもいない失敗に怯えたり、萎縮したり、備えたりすることではありません。

 

私のライブの例であれば、

  • お金を払って見に来てくれた人に、今できる最高の演奏を聴いてもらう!
  • 自分の作った楽曲を楽しんでもらえるようその世界観を精一杯表現する!

などです。

 

会社のプロジェクトの例であれば、

  • まだ新人の自分を信頼して任せてくれた上司が納得してくれる以上のものを提供したい!
  • 単純に仕事の面白さに夢中になって楽しむぞ!

などでしょうか。

 

実はこのカラクリは単純です。

 

失敗するかもしれない恐怖、もしくは他者からマイナスの評価にロックオンしているときは、自分が手にする成功や提供できる喜びは見えません。(リアルに感じることはできません)

 

しかし、自分が成長できる喜び価値を提供できる喜びにロックオンしているとき恐怖やネガティヴな評価、言動が盲点になり見えなくなるのです。

 

ですから、まずリラックスして何のためにやっていることなのかを再確認して、自分が得たいもの、もしくは提供したいもの適切にロックオンし直すことが重要です。

 

そして精一杯やることで見えなくなり、結果的に恐怖をコントロールすることが可能になるのです。

まとめ

  • 失敗恐怖症は過去の失敗による恐怖体験がアンカーとなっている。
  • 無関係に思える最近の失敗(の可能性)を考えただけでそれがトリガーとなってアンカーを引っ張り出す
  • 恐怖を感じている状態というのは、情動に支配されている思考停止状態。
  • 幼少期に無意識に受け入れてしまった”根拠のない価値観”をいつまでも受け入れておく必要などない。
  • 100%失敗しない仕事ができる人なんていないということを理解する。
  • 失ってしまうかもしれない恐怖より得られるもの、提供できる喜びにロックオン
  • リラックスして目的を再確認して、自分が得たいもの、もしくは提供したいものに適切にロックオンし直すことが重要。

 

恐怖に囚われた状態からリラックスするのは、初めは難しいかもしれません。

 

ですので私のオススメは別の恐怖を特に感じていないもので練習してみることです。

 

例えば趣味でやっていること、日常で何気なくやっていることを自己観察してみます。

 

失うものにロックオンした時と得られる喜びにロックオンしている時を意図的に作り出してみてパフォーマンスの違いを観察してみて下さい。

 

驚くほどの違いがあると思います!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

無料】7本の動画を観るだけで現状を離れ
ゴールを追いかけるマインドが手に入る!!

仕事・恋人・お金の自由を手にする
7日間 自我リセット動画コーチング講座

※センスのいい人はこの動画だけでゴールを達成できます!

無料】誰にも遠慮しないで夢を追いかけ
実現する方法を公開しています!!

 

毎日をやりたいことだらけにする専門コーチが教える
好きなことしかしない生き方メルマガ

※記事には書けないワーク、スキルを公開しています

NEWPOST

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です