働く気力がわかない人が無限のやる気を手に入れる方法!

無気力

執筆者

プロフィール写真
コーチ 中原 宏幸
岡山県を中心に個人、団体を問わずコーチングを実施、広める活動をしています。
仕事、家族、恋愛、人間関係の悩み解決をサポート!
詳しいプロフィールはこちら
このブログでは日々の暮らしの中での、
マインド(脳と心)の使い方を、できるだけ平易な言葉でコーチング的な観点から解説しています。
facebook    twitter     Instagram    google+ youtube

渋谷駅周辺で体験コーチング特別キャンペーンのお知らせ
【各時間名様】
3月28日(火曜日)〜3月31日(金曜日) 東京
トライアルコーチング60分+コーチング講義60分
特別パック 半額キャンペーン

  1.  9:30〜
  2. 12:30〜
  3. 15:30〜
  4. 17:30〜

今月の私の東京出張に伴い、キャンペーンを兼ねた特別オファーのご案内をさせて頂きます。

3月28日〜東京に行きますのでその際、体験コーチングを特別価格でご案内します。

※4月3日・9日 大阪の同キャンペーンを追記しました。

突然ですが、働く気力がわかなくて困った経験は無いですか?

 

やらなければいけないとわかっていても、本当に切羽詰らないと行動できないことが多くないでしょうか?

 

1年ほど前、私は朝起きた瞬間に

『今日会社に行くべきかどうか?』

『何か休む理由はないか?』

ということを真剣に考えるという生活を続けていました。笑

 

今となっては、笑話なのですが、当時は本気で行きたくないと思っていたのです。(かなり辛かったです)

 

とくに会社や仕事が嫌だったわけではありません。

 

むしろ環境や待遇は良い会社だったと思います。

 

コーチになってから知りましたが、私と同じような悩みを抱えている人が本当に多くいらっしゃるということです。

 

中には、公務員の人で『こんな恵まれた安定した職場で仕事に行きたくないなんてありえない。』と原因がわからず(深刻な公務員洗脳)悩んでおられる人もいました。

 

また、『働く気力のない自分はダメな人間なのではないか?』と自分を責めてしまっている人もいます。

 

結論から言いますと、あなたも過去の私も働く気力がないのではありません。

 

自分のやりたいこと、やるべきことは、これではないと無意識が判断したために無気力になっているだけなのです。

 

ではどうすればいいのでしょうか?

 

今回の記事では、『働く気力がわかない人が無限のやる気を手に入れる方法』をお伝えします。

 

私たちの無意識は今回のように急ブレーキを踏んで無気力状態にすることもありますが、正しく使えば無限のやる気を出すことができます。(決して大袈裟ではありません)

 

無意識の特性を正しく知ることで驚くほどの生産性アップを実感できるでしょう。

 

働く気力がわかない理由

働く気力がわかない原因は何でしょうか?

 

もちろんそれぞれに理由、原因など、あると思います。

 

私がコーチとしていろんな人を見ていて思うのは、そこそこ満たされているからです。(ある意味幸せで、ある意味不幸です)

 

はっきり言ってしまうと働かなくても生きていけるからです。

 

そこそこ満たされているというのは、実はとても厄介です。

 

到底満足できるものではないけど、現状のバランス(良くも悪くも)をぶっ壊してまで追いかける(手に入れる)ほどではないという状態です。

 

はっきり言ってしまえば、一番行動し辛い状態と言えます。

 

例えば、貧困で犯罪が日常茶飯事の街で、日々命懸けで暮らしていたら『どうも今日は仕事に行く気がしない、、、』などと言いませんよね?(生きようとするエネルギー強いですよね?)

 

反対に『毎日が幸せで、希望に満ちた未来しか見えない、この幸せを世界中に広げる活動を今日も精一杯やるぞ!!!』と思っている人は、『最近どうも働く気力がわかないなぁ、、、』なんて考えませんよね?(ゴールのある人です)

 

私たちは中途半端に満たされている(と思わされている)ために、”なんとなく”を続けてしまっています。

 

言葉は悪いですが、”望んでもいない、なんとなくの状態飼い殺しにされている”と言えます。

続けると無気力になる習慣とは?

あなたがどんなに強靭な精神力の持ち主だとしても、無気力状態になってしまう習慣があります。

 

それはやりたく無いことをやり続けることです。

 

短期間であれば(例えば学生時代のアルバイトのように)問題ありませんが、習慣となって何年も続けてしまうと、様々な弊害が出てきます。

  • 無気力
  • 無表情
  • 慢性的な疲れ
  • 現実への捕らわれ

などです。

 

例えそれが世界一安定していると言われている日本の公務員だったとしてもです。

 

多くの人に羨ましがられる公務員も本人のやりたいことでなければ、精神のバランスを崩しかねませんし、身体の不調となって現れる可能性が高いです。

 

ですから、やりたくないことはやってはいけないのです。

働く気力がわかない無気力と対極な生き方とは?

では、やりたいこととは何でしょうか?

 

コーチングで言いますとズバリ、ゴールのことです。

『心から達成したいゴールを設定して、それを追いかけている状態』

と、定義しています。

 

重要なのは”追いかけている状態”ということです。

 

本当に大好きなことははじめの一歩から楽しいのです。(遠足やデートなんて前日、計画を立てている段階から楽しいですよね?)

 

仕事で本当にやりたいことが出来ている人は少ないと言われています。

 

実際に成功しているプロスポーツ選手やプロミュージシャンを想像されるかもしれません。

 

確かにそういった人たちもそうですが、重要なのは一部の成功者だけではないということです。

 

スポーツや音楽や演劇など、それだけでは生活できない人でアルバイト(ファイナンス活動)をしている人たちも”やりたいことをやっている人たち”です。

 

過去の私もそうでしたが、本業、アルバイト、レッスンなどで体力的にはキツイです。(正直一杯一杯でした)

 

ですが無気力になった記憶はありません。

 

その理由はゴールがあるからです。

 

確かにいろんな意味でキツかったですが、やりたいことで限界を超えるのと、やりたくないことをやり続けて消耗しきってしまうのでは全く意味が違うのです。

気力がわかない時こそ自分と向き合う

気力がわかない時は自分と向き合う時間を持つべきです。(どんなに忙しくてもです)

 

気力がわかないというのは無意識の抵抗です。

 

自分の感情に耳を傾ける時期が来たということです。

 

ゴール設定、もしくはゴール更新のタイミングです。(正確に言いますとかなり期限を過ぎています

 

  • こんなやり方はおかしい。
  • この先には何もない。(何も見えない)
  • こんなやり方ではいつまでたってもたどり着けない。

 

このようなことがわかっているから気力がわかないのです。

 

ここでやってはいけないのが、無理をすること、負荷をかけることです。

 

決して気合いや根性で突破(行動)しようとしてはいけません。(無意識は純粋で素直なのです)

 

車に例えてみましょう。

 

マニュアル車の場合スピードに応じてギアを上げていきます。

 

どんなに速い車でも3速で高速道路は走れません。

 

エンジンの回転数が上がりすぎてすぐに焼き付いてしまいます。

 

適切なスピードと回転数になったらギアを1段上げますよね?(オートマ限定の人は自転車で考えてください)

 

まずは落ち着いて、無理をする必要性がないことを体感してください。

 

ゴールを更新、見直してゴール側から今やるべきことを再設定します。(やり方アプローチ方法を変えるということです)

 

ゴール設定に関しては、『  ゴール設定を正しくすることで劇的な変化を体感する方法 』をご覧ください。

無気力な日常から抜け出す方法

先に書きましたが、現代の日本は働かなくても生きていける、珍しい国です。(極端な例ですが)

 

様々な問題はあっても食べていくだけでしたら、かなり楽ではないでしょうか?(諸外国と比べて)

 

また、セーフティーネットもしっかりしています。

 

一見すると素晴らしいことばかりのようですが、そうでもありません。

  • 死を意識する機会が極端に少ないために、生きている実感がわかない
  • 惰性で生きていけるので意識しない限り、本気や夢中になることに出会うチャンスが少ない。
  • なんとなく続けている”好きでもないこと”が居心地良くなって、そこから離れられなくなる。(挑戦できなくなる)

 

このような”恵まれた現状”が無気力状態を作り出しています

 

 

現代の私たちに必要な『無気力な日常から抜け出す方法』とはゴール設定です。

 

恵まれた環境下で、生命力に溢れたワクワクの日々を過ごすためにはゴール設定は必須です。(恵まれているが故の日本人の盲点だと思います)

 

自分で本気になれることを見つけなければ、現状に甘んじて広がってくる閉塞感に飲み込まれてしまうのです。

無気力状態を脱し、無限のやる気を手に入れる

無気力な時というのは現状に縛られていることが多いです。(安定していて行動する必要がないから当然なのですが)

 

私がコーチングを学んだスクールでよく言われていたのが、”感覚を開く”ことの重要性です。

 

感覚といっても、ぼんやりしていてわかりにくいと思います。

 

私も当時はわかった気になっていました。(実際は30%くらいしかわかっていなかったように思います)

 

とくにサラリーマンを辞めてからは『腑に落ちたなぁ』と感じることがよくありました。

 

会社に頼っていられなくなった為、常に本気で考える状況に身を置いた為だと思います。

 

環境で自分を変えた良い例ではないかっと思っています。

 

これはあくまで感じ方なので、具体的には書きにくいのですが、一言で私の言葉で言い表すと、

 

本気になる!

 

ということなのです。

 

どういうことかと言いますと、私たちは”本気”になっていません。

 

恵まれた現状、惰性で生きていける現状で”本気になった”と思っているだけです。

 

実際、何かを本気で手に入れたいと思ったり、誰かに何かを本気でしてあげたいと思った時のエネルギー感はハンパないなと感じた経験はありませんか?

 

例えば好きになった人と明け方まで話し込んでも普通に仕事できますよね?(眠さは感じますが、意外といつもより元気だったりします)

 

次の日も電話が掛かってきたとしても『今日は眠いから・・・』なんて言わないですよね?(距離を縮めたいし、何よりその人と話すのが楽しくて仕方ないのですから)

 

心地よい疲労感で『生きてるなぁ〜』、『恋してるなぁ〜』なんて感じませんか?笑

 

そして、この時のエネルギーをあなたが本気で達成したい夢へ使うことができたなら、とんでもないことが起こると思いませんか?

 

この自分のゴールに本気になれた時こそ、感覚が開き生命力に溢れる瞬間なのです。

 

私たちのゴールは完全オリジナルです。

 

もちろん期限などありません。(早く幸せな状態になるべきだとは思いますが)

 

ライバルなどと比べて焦ってしまう気持ちもわかります。(私も結構な負けず嫌いです)

 

ですが、そのライバル心も現状のあなたの感情です。

 

ゴール達成の重要度からすると取るに足らないものです。笑

 

ゴール達成の重要度というのは”ゴールへの道の全てを楽しむことの重要性”という意味です。

 

無限のやる気の本質とは『ポジティブは渇望感』です。

 

ポジティブな渇望感とはゴールへの渇望感です。

 

  • 自分はまだまだこんなもんじゃない!!
  • もっとやりたいことが山ほど有る!
  • もっと周りを巻き込んで面白いことがしたい!

 

コーチング的に言えば『ゴール設定であり、ゴールの更新』です。

 

正しく設定されたゴールの更新を続けていくというのは”無限のエネルギーを手にする”ことのように凄いことなのです。

 

あまり考えたくないですが、他人に設定されたゴールを勝手にどんどん更新させられたところを想像してみてください。

 

  • お前まだまだだぞ!
  • 今期の目標には全然届いていないぞ!
  • 家族がいるんだろ?弱音を吐くな!!
  • 3年は我慢しろ!その後は楽になるから!!

 

ウンザリしませんか?

 

あなたのゴール設定の権限を持っているのはあなただけです。

 

他人に譲渡はもちろん触らせてはいけません。

 

この記事を読まれて、『自分はまだまだこんなもんじゃない!!』という気持ちが少しでも湧いてきたら、迷わず行動してください。

 

小さなことからで結構です。

 

行動することに意味があります。(思考も含め)

 

最後にとっておきのワークをお伝えします。

 

先ずはじめに暫定的なゴールを設定します。(現状の外のことであればOKです)

  • 1日1回あなたが全力を注いだことをポストイットに書いて、壁に貼ってください。(もちろん大好きなことで、今までの自分ではやらなかったこと)
  • 1ヶ月続けて、毎日それらを眺めて、やりきった時の体感満足感を何度も味わってください。
  • そして、1ヶ月後にリアルにイメージして下さい。
  • 朝起きて、夜寝るまでこれらの大好きなことしかしていない生活が当たり前のあなたを。

 

きっと新たなゴールが見えてくるでしょう。

 

そのゴールに対して今までやらなかった行動、アプローチをすることで現状がダイナミックに変化して行きます。

 

ゴールを正しく設定して、ポジティブな渇望感を無限のやる気に変えて加速していきましょう!

無限のやる気が出る解説動画

まとめ

『働く気力がわかない人が無限のやる気を手に入れる方法』

  • 自分のやりたいこと、やるべきことは、これではないと無意識が判断したために無気力になっている。
  • 働く気力がわかない理由は”そこそこ満たされている”から。
  • 望んでもいない、なんとなくの状態に飼い殺しにされている。
  • 続けると無気力になる習慣とはやりたくないことをやり続けること。
  • やりたいことで限界を超えるのと、やりたくないことをやり続けて消耗しきってしまうのでは全く意味が違う。
  • 気力がわかない時はゴール更新のタイミング。自分と向き合う時間を持つべきです。
  • 無限のやる気の本質とは『ゴールへの渇望感』
  • あなたのゴール設定の権限を持っているのはあなただけ

 

関連記事

人生がつまらない孤独な社会人は遠足を思い出せ!!

2016.10.02

人生の目標の見つけ方と恋人の見つけ方はほぼ同じ

2016.09.23

30歳過ぎても仕事を辞めたいのに言えないのはゴールがないからだ!

2016.05.19

ゴール設定を正しくすることで劇的な変化を体感する方法

2016.04.10

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

無料】7本の動画を観るだけで現状を離れ
ゴールを追いかけるマインドが手に入る!!

仕事・恋人・お金の自由を手にする
7日間 自我リセット動画コーチング講座

※センスのいい人はこの動画だけでゴールを達成できます!

無料】誰にも遠慮しないで夢を追いかけ
実現する方法を公開しています!!

 

毎日をやりたいことだらけにする専門コーチが教える
好きなことしかしない生き方メルマガ

※記事には書けないワーク、スキルを公開しています

NEWPOST

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です