執筆者

コーチ 中原 宏幸
岡山県を中心に個人、団体を問わずコーチングを実施、広める活動をしています。
仕事、家族、恋愛、人間関係の悩み解決をサポート!
詳しいプロフィールはこちら
このブログでは日々の暮らしの中での、
マインド(脳と心)の使い方を、できるだけ平易な言葉でコーチング的な観点から解説しています。
facebook    twitter     Instagram    google+ youtube LINE@

友だち追加

コーチングに関する疑問が全て解決して今日からガツガツ使えるようになる
体験コーチング&講座
【完全マンツーマン】今月のキャンペーンを兼ねた特別オファーです。

東京 10月30日(火曜日)
東京 10月31日(水曜日)
・お時間は先着順となります

体験コーチング60分&コーチング講義50分の特別パック

⬇︎半額キャンペーン⬇︎

ご希望の時間を選択して頂けるオンラインコーチングはこちら↓。

こんにちは。

毎日をやりたいことだらけにする専門コーチの中原宏幸(@coach_nakahara)です!

コーチングが使えているというのはどういう状態なのでしょうか?

今回は『コーチングが使えているとは?』を具体的に解説していきたいと思います。

これは最近の私の体験コーチングでもよくテーマになることなのですが、ズバリ”ゴール側の自分で振舞えているか?”です。

シンプルですよね?w

でもあなたがまだ未体験の場合、やってみると結構難しいかもしれません。

なぜなら現状の自分の感覚と相反するからです。

それ以前にゴール設定が出来ていることが前提になります。(準備が必要です)

といってもここでのゴールは仮のゴールで大丈夫です。(現状の外と大好きなことは譲れませんが)

理想的な未来の自分を一足飛びに見つけようと考え始めてしまうとその場から動けなくなるので気軽にというのがポイントです。

普段何気なくやっていることをゴール側の自分の視点で演じてみるという感覚でしょうか。

また大きな決断の際もゴール側の自分の視点は重要です。

『ゴール側の自分だったらこのくらいやってるよね!!』という視点で判断できれば現状の自分の感覚では躊躇するようなことでもチャレンジすることができます。

例えば、

  • 自分には手に余る仕事だと思えたが思い切ってやってみた
  • 自分には手の届かないものだと思えたが思い切って購入した
  • 自分には不釣り合いな人に思えたが思い切って声をかけてみた

などですね。

もちろんドキドキや膝がガクガク震えるような感覚はありますよ。

でも、その上で踏み出せるということです。

やってみれば何とかなります。(これ無意識を使う重要なポイントです)

ゴール設定によりゴール側の自分という台本が出来上がって、それを現状で演じるという感覚ですね。

では逆に『コーチングが使えていない』とはどのような状態なのでしょうか?

それはゴールが観えていない、ゴール側の自分の台本がない、それを演じられていないのいずれかです。

しかし今、仮にあなたがその3つのうち、どれかに自信がなかったとしても心配は無用です。

今できていなければ、今月中にできるようになるというゴールを設定すればいいですよね。

そのためには何が必要で何が出来るようになればいいのか知ること。

気軽に手を伸ばしてみることです。(行動は大切です)

そして新しい一歩を踏み出した自分をしっかり褒めることです。

もちろんゴール側のあなたの視点でですよ。

『いいね!もっと出来るよ!!』
『いいよ!遠慮は要らないからね!!』

といった感じですね。

現状の自分はゴール側の自分から観れば足りないことだらけです。(他者からの視点は要りません)

でも同時に高い志を持った愛すべき未熟者でもあります。

その未熟者が日々の変化を楽しみながら歩みを進めています。

応援したくなりますよね!!w

ゴール側の視点を持ちつつ、しっかり現状で演じて行きましょう!!

オンライン体験コーチングが高い評価、素晴らしい成果のご報告を頂いています。(日時は相談の上、決定します)
https://www.reservestock.jp/stores/article/6435?article_id=9671

本日は以上になります。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)