執筆者

コーチ 中原 宏幸
岡山県を中心に個人、団体を問わずコーチングを実施、広める活動をしています。
仕事、家族、恋愛、人間関係の悩み解決をサポート!
詳しいプロフィールはこちら
このブログでは日々の暮らしの中での、
マインド(脳と心)の使い方を、できるだけ平易な言葉でコーチング的な観点から解説しています。
facebook    twitter     Instagram    google+ youtube LINE@

友だち追加

コーチングに関する疑問が全て解決して今日からガツガツ使えるようになる
オンライン体験コーチング&講座
【完全マンツーマン 120分

自宅でご希望の時間に受講いただけます↓

こんにちは。

毎日をやりたいことだらけにする専門コーチの中原宏幸(@coach_nakahara)です!

 

以前の記事で自分を正しく褒めることの重要性についてお伝えしました。

意外に反応が大きく、今回はさらに掘り下げた内容をお届けしようと思います。

多くの人は自分をしっかり褒めるということに少なからず抵抗があるようです。

 

しかし、ここは現状の自分の感覚を疑って、とりあえず褒めてみて欲しいと思います。

今回のテーマの『自分を正しく褒めることで得られるとてつもないメリット』とは見える世界を変えられるということです。

自分や他者を褒めることに抵抗がある人はどういう世界にいるのかといえば、褒めるべきところより良くないところが見える世界です。

もちろんこれは実際に起こる出来事ではなく、どのように認識するのかという話です。

ダメ出しが当たり前の世界から良いところ、すでに出来ているところを無意識に認識できるようにして行きたいのです。

 

どのように認識するかで世界は変えられるというのはコーチングを学んでいる人にはおなじみ?かもしれません。

詳細は割愛しますが、今回ご紹介する方法で体験してみて頂きたいと思います。

どのように変えるか?つまりゴールですね。

 

今回のゴールは『あなたが未来に向かってポジティブに開けた可能性が見える世界観』で行きましょう。

しかし多くの人はいきなり自分や周りの人を褒めましょうと言われても『褒めていいと言われてもまだまだ改善点があるし・・・』

などと思ってしまいます。

私もコーチングを使う前はそのように思っていました。

どちらかと言えば真面目な方ですし、他者ならともかく自分を甘やかせているようで素直に出来ませんでした。

ですが、当時の私の見ていた世界はというと、どこまでやっても心から喜べない、未熟なところや、改善点だらけの世界でした。

例えは悪いかもしれませんが、心の中にダメ出ししかして来ない嫌な上司が常に居るようなものです。

生産性は上がらないですし、want toとは程遠い感じでした。

 

今はというと、出来ているところ、良いところを素直に認めてくれて『君ならもっと行けるよ!!』と言って自然とやる気にさせてくれるメンターが居るような感じでしょうか。

ではその具体的な方法はというと非常にシンプルです。

心の中で『いいね!』と意識的に言い続けることです。

あなたがやったことに対して褒めるべきところを本気で探してください。

そしてそれに対してポジティブな言葉を掛け続けてください。

もちろん無意識レベルに落とし込めるまでです。

 

周りの人にも有効です。

コンビニに行ったら店員さんの良いところを積極的に心の中で褒めてください。

慣れてきたら声を掛けてみるのも素晴らしいですね。

親しい人よりも何気なく会っている人のほうが褒めやすいかもしれません。

これが無意識に出来るようになると文字通り褒めるべきところが勝手に認識できてしまいます。

逆にダメ出しをほとんどしなくなっている自分に気が付くと思います。

納得できなくても先ずは褒めるというのがポイントです。

 

その上で『君ならもっと出来るよ!!』とセルフトークすることがポイントです。

ゴール側へのアファメーションとも言えますね。

現状の自分を素直にポジティブに認め、『もっと出来るよ!』『もっとやっていいよ!!』と言っているのです。

まさにコーチングです。

可能性が見えてきます。(積極的に観ることがポイントです)

現状がどうかなんて関係ありません。

今の自分を積極的に褒めて、want toを引き出し、ゴールへ向かって楽しんで行きましょう!

 

本日は以上になります。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

カテゴリーのトップへ↓

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)