努力は不要なのか?

執筆者

コーチ 中原 宏幸
岡山県を中心に個人、団体を問わずコーチングを実施、広める活動をしています。
仕事、家族、恋愛、人間関係の悩み解決をサポート!
詳しいプロフィールはこちら
このブログでは日々の暮らしの中での、
マインド(脳と心)の使い方を、できるだけ平易な言葉でコーチング的な観点から解説しています。
facebook    twitter     Instagram    google+ youtube LINE@

友だち追加

コーチングに関する疑問が全て解決して今日からガツガツ使えるようになる
体験コーチング&講座
【完全マンツーマン】今月のキャンペーンを兼ねた特別オファーです。

東京 10月30日(火曜日)
東京 10月31日(水曜日)
・お時間は先着順となります

体験コーチング60分&コーチング講義50分の特別パック

⬇︎半額キャンペーン⬇︎

ご希望の時間を選択して頂けるオンラインコーチングはこちら↓。

最近、クライアントさんに私のコーチングについての説明の時に、

『努力はいらないんですよ!』

と、さらっと言うと不思議な顔をされます。

きっと『そんなはずはないでしょう!!』

と、思われていると思うのですが殆どの方は後の説明で納得してくださいます。

しかし、それでも確かにややこしい部分もあると思ったので私なりの解釈を書きたいと思います。

そもそも努力とは、、、

このように、いつもなら定義から入るのですが、今回は”本人次第”の部分が多いので別の角度から書きます。

例えば私が”血の滲むような努力”をしていたとします。

ここで重要なのは”誰から見て”いるかというと?

この場合、本人と第三者です。

そしてもう一つ重要なのは、

現状からみているのか、ゴールから見ているのか?

ということです。

先ず、誰から見ているか?

ですが、第三者の場合は”どちらともありうる”となります。

どういうことかと言いますと、

第三者が私のゴールを知っていて、ゴールの凄さ(大きさ)も理解していたとしたら努力とは思わないでしょう。

なぜなら、そのゴール達成に必要であることが理解できるからです。

しかし、ゴールを知らずに、ストイックな私を見たら、”この人は努力家だ”

と思うはずです。

実は本人の場合も全く同じです。

自分が努力する理由が明確であれば、それは努力ではないのです。

つまりゴールがあればということです。

逆に誰かにやらされていて、意味も分からず強制的にさせられていたら、それは努力です。

ゴールがないと100%現状からの視点です。

ですから”自発的に設定した目標であれば努力ではない”と言えます。

すなわちコーチングで正しく設定したゴールに対して行うことは努力ではないのです。

まとめ

  1. ”努力”かどうかはゴールの有無で決まる
  2. 意味も分からず、誰かにやらされていたら”努力”
  3. 自分で設定したゴールに対して行うことは”努力ではない”
    (もちろん他人が設定したゴールはゴールとは言いません)

ここで注意が必要なのは本人が途中でゴールを見失った場合です。

辛い練習などが続いて現状しか見えなくなった時などは、一気にパフォーマンスが落ちて怪我の発生率も上がります。

Want toから一時的にhave toになったということです!!

やはり”努力”は必要ないと言えそうですね。

そしてゴールは、、、

絶対必要です!!!
96795910_2b18cc0fb7_o

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)