仕事が嫌で嫌でたまらない人が読むと5分で気持ちが楽になる記事

仕事が嫌で嫌でたまらない人が読むと5分で気持ちが楽になる記事



執筆者

コーチ 中原 宏幸
岡山県を中心に個人、団体を問わずコーチングを実施、広める活動をしています。
仕事、家族、恋愛、人間関係の悩み解決をサポート!
詳しいプロフィールはこちら
このブログでは日々の暮らしの中での、
マインド(脳と心)の使い方を、できるだけ平易な言葉でコーチング的な観点から解説しています。
facebook    twitter     Instagram    google+ youtube LINE@

友だち追加

コーチングに関する疑問が全て解決して今日からガツガツ使えるようになる
オンライン体験コーチング&講座
【完全マンツーマン 120分

自宅でご希望の時間に受講いただけます↓

先日、知恵袋で偶然見つけた相談をご紹介します。

要約すると『職場で感じるストレスで毎日が憂鬱、日常生活にも支障をきたし、毎日がツラい』というものです。

 

実はこの相談者とほとんど同じ相談を過去に数回、受けたことがあります。

また、私自身もこのような悩みを抱えていた時期があり、八方ふさがりで苦しんだ経験があります。

私を含め、このような悩みを持つ人に共通しているのは自分に原因があると思って、自分を責めてしまっていることです。(そうでなければ深刻に悩みません)

 

もちろん、大きな括りで見れば責任は本人にあります。

しかしそれは本人というより、その人の思考パターンや認識パターンが原因であることがほとんどです。

だからこそ、ほとんどのケースは問題を明らかにし、正しく向き合うことで解決することが可能です。

この記事では『仕事が嫌で嫌でたまらない人が読むと5分で気持ちが楽になる解決方法』を最新のコーチング理論で解説していきます。

1.『仕事が嫌でたまらない』相談内容

詳しい相談内容を見ていきましょう。

前職をストレスによる体調不良で退職して、半年間の就職活動の末、ようやく新しい職場で働き始めました。

ですが仕事が嫌でたまらず、寝る前と朝は涙が止まりません。

いじめられているわけでも、ブラック企業でもなくごく普通の環境ですが、職場の緊張感、仕事をするという緊張感に慣れることが出来ず、入社して1ヶ月以上経った今も、ほぼ毎日辛い気持ちで泣いてしまいます。

失敗して注意されることが怖くて仕事中は常に緊張していて、帰宅するとぐったりして夕食もとらずに夜中まで眠り続けてしまいます。

仕事中もふとした瞬間に家に帰りたい気持ちが大きくなって、トイレで泣いたり、今黙って帰ったらどうなるか考えてしまいます。

何がそんなに辛いのか自分でもはっきりわからず、環境に適応できない自分に疲れています、、、

仕事中は真面目に取り組んで、社内の人ともトラブルなく過ごしていますが、言い返したいことや腹が立つことを飲み込んでいるせいか、家に帰ると途端に感情のコントロールが出来なくなって、泣きわめいて物を投げて部屋中ぐちゃぐちゃにしてしまったり、用意した食事をひっくり返してめちゃくちゃにしてしまったりしてしまいます。

冷静になるとなんでこんなことをしてしまったのかわからず、ただ自己嫌悪で落ち込みます。

パニックというか、自分の中のストレスが爆発してしまうと家族にもひどいことを言ってしまい、そんなこと本当は思っていないのに、怒りにまかせて口からどんどん嫌な言葉が出てきて傷つけてしまいます、、、

気持ちが落ち着くと、大切な家族なのにどうして優しい気持ちでいられないのかと自分が言った言葉を思い出して悲しくなり、どんどん自分が嫌になります。

やっと見つけた仕事で頑張っていきたいのに、気持ちがついていかず、急に熱が出たり気分が悪くなったりして休んでしまうことも多く、どうすれば精神的にも肉体的にも安定した状態で仕事ができるようになるのかわかりません。

毎日とても辛いです。

Yahoo!知恵袋より

それでは順番に解説していきます。

2.ミスすることなんて怖くない

この人の場合、一見すると仕事に関する悩みのようですが、そうではありません。

  1. 仕事場の緊張感が耐えられない。
  2. 自分がミスすることに怯えている。
  3. さらに周りからミスを指摘されることに怯えている。

ということです。

2-1.仕事場の緊張感が耐えられない

職場の雰囲気そのものに関しては、基本的にはご本人が関与できない問題です。

なぜなら新入社員ですし、その職場に必要な緊張感かどうかもまだ判断できないと思われるからです。

しかし自分がその緊張感をどう感じるかはコントロールできます

どのような仕事かにもよりますが、プロとして仕事に従事しているわけですから、ある程度の緊張感は必要でしょう。

ですから仕事があって、それに対してどのくらいの緊張感が最適なのかを知る必要があります。

”一般的な職場”とありますから特殊な環境ではないはずです。

 

無理をして、場の雰囲気に合わせたり、染まったりする必要は全くありません。

ご自身がリラックスしてパフォーマンスを発揮できる状態(緊張感)をキープすることが、本人にとっても会社にとっても重要なことなのです。

2-2.自分がミスすることに怯えている

自分がミスすることに対する恐怖心はほとんどの人が持っているのではないでしょうか?

上司に注意されるのは怖いですし、面倒くさいですし、イライラしますからね。笑

 

もちろん他の人に迷惑をかけてしまうでしょう。

ですが完璧な仕事を目指すと自分の仕事に対してのアラ探しのようになってしまいます。(他者に対しても同じです)

半年や1年単位で見てみると、個人、部署に拘らず必ずミスは起こっています。

そして、それらをどうカバーしていくかの方が重要です

 

ですからミスを気にする必要は全くありません

とくに新入社員のうちはミスをカバーする方法や最適な手段を学ぶ方が重要であり、その時期だといえるわけです。

2-3.ミスを指摘されることに怯えている

おそらく根本の恐怖はここにあると思います。

自分がミスをすることで、

  • 他の人は自分のことをどう思っているのだろう?
  • きっと自分のことを”仕事のできないヤツだ”と思われるに違いない。

というように思われているケースが多いです。

 

ですが、これはおかしな話ですよね?

自分のミスで他の人に迷惑をかけるかもしれない、、、

と悩む(考える)のであればまだ分かります。(本当は必要ありませんが

 

ですが、自分が他の人からどう思われているか?なんてどうでもいいことです。(プロとして仕事をしているわけですから

そもそも完璧な仕事を続けられる人なんていないのですから、失敗はカバーし合えばいいのです。

もちろん、それでも少しは気にしてしまう気持ちも分かります。

 

これに関して、最も簡単な解決方法は目の前の仕事に集中することです。(夢中になることです)

つまり仕事の中にゲーム性を見出し、夢中になるということです。

詳しくは【プロが教える】失敗恐怖症を克服するためのマインドの使い方をご覧ください。

3.仕事中は常に緊張している

新入社員で一ヶ月ぐらいでしたら、ある程度の緊張はしていると思います。

しかしこの緊張が仕事に対してのものなのか、自分の評価を気にしての緊張なのかで随分違います。

仕事の緊張はどんなベテランにもあるでしょうし、必要なものです。

新人のうちは高いパフォーマンスを発揮できる適度な緊張度合いが分からないので無駄に力が入ったりします。

 

ですがこの緊張は仕事を続けていくことで最適化されていきますので心配いりません。

仕事の環境に慣れないうちは『こんな状況でリラックスして仕事なんかできないよ!』と思うかもしれません。

しかし私たちの無意識(ホメオスタシス)はその場、環境にすごいスピードで適応していきます。(慣れですね)

そのためのコツは楽しむこと小さなこと、仕事の中にゲーム性を見つけて面白みを感じて夢中になることです。

 

一方、自分の評価を気にしての緊張は先ほどの通り、必要ありませんし、目の前の仕事に集中することで解決できます。

と、私が言ったとしても『そんなこと言っても、気になってしまうんです・・・』と思われているかもしれません。

 

ここでとっておきの方法をお伝えします!

それは”自分の評価はそっちのけで仕事を楽しんで夢中になっているふりをする”ということです。

ふりをすることで無意識に働きかけて、それが当たり前の状態を最短で作ることができます。

”楽しむふり”をすると確かに今のあなたの感覚とは相反するかもしれません。

 

ですが、それも慣れるのです。

多くの人は今の自分の感覚を優先し、採用してしまいます。(つまり途中やめにします)

ですが、その先に何かしらのゴールがあり、ここを超えて行きたいのであれば”楽しむふり”を実践してみて下さい。

4.私たちは自由である

それでも周りの視線(評価)を気にしてしまう人に、もっと根本的で重要な視点をお伝えします。

それは、

私たちは誰を好きになっても嫌いになっても自由!

そして、

私たちは誰をどのように評価しようが自由!

ということです。

 

どうでしょうか?

『そんなの当たり前では・・・?』

と思われましたか?

 

しかし実際は

  • 『あの人に嫌われたらどうしよう、、、』
  • 『あの人たち、私のことをどんな風に思っているのかしら・・・』

などと考えてしまいます。

 

自分はもちろん、他者が自分をどう評価しようが、その人の自由なのです。

その権利があります

すべて自己責任なのです。


5.おすすめの距離感

ですから同じ会社の人があなたをどのように評価しても気にする必要などないのです。

もちろんあなたが上司や同僚をどう評価しても自由です。

 

ここで私がサラリーマン時代とっていた距離感についてお話します。

オススメではありますが、あくまで参考程度に読んでくださいね。

  • 基本はビジネスライクでドライであるということです。
  • 自分への評価を完全に相手に委ねていますのでとてもニュートラルです。
  • 自分も相手をしっかり評価しています。(良くも悪くもです)
  • 相手や会社に対して良い評価や特別扱いを求めることをしない。
  • 会社と自分は雇用契約書を交わしており、対等だということを意識している。

一見すると冷たく思えるかもしれません。

 

しかし仕事ということはプロとして、労働を提供しているわけですからこれが最適と考えていました。

もちろん個人的な付き合いに発展すれば自由に関係を深めていけばいいことです。

 

ですが嫌われることを恐れて何も言えなくなってしまうと、お互いにとって良いことはありません。(もちろん会社にとっても)

会社に関わらずですが、人間関係に悩んだ時はゴールを見直すことでほとんどが解決できます。

何のための関係性なのかを再確認することで、どう発展させたら良いのか、もしくは終わらせたほうが良いのかが見えてきます。

なぜなら関係性というのは必要だからできたつながりと言えるからです。

参考記事

『人に笑われるのが怖い人が持つべきマインドセットと夢について』

6.職場への執着を捨てる方法

私が大学を出た頃は就職の超氷河期と言われていました。

ですので、”半年間の就職活動の末、、、”という大変さはよくわかります。

 

しかし”自分にはここしかない”というようなことを思ってしまうと自分をさらに追い詰めてしまいます。

  • もうこの歳だから、、、
  • 苦労して入った職場だから、、、
  • もうあんな大変な思いはしたくない。

このような考え、セルフトーク(心の声)は自己評価を下げてしまいます。

自己評価が下がってしまうと新たな挑戦ができなくなってしまいます。

そればかりか、自分の可能性、チャンスさえも見えなくなってしますのです。

会社とはあくまで対等な関係が理想です。

 

会社に依存してしまっては、

  • 自分にはここしかない。
  • ここでダメだったらどこに行ってもダメだ。

など自分で自分の首を絞めることになります。(身動きが取れなくなってしまいます)

『この会社でなんとかうまくやっていかなければ、、、』

このように考えてしまうと自分で逃げ場のないところへ追い詰めているようなものです。

6-1.仕事はいくらでもある

仕事はアルバイトも含めると無数にあります

そもそも目的もないのに安定した(と思っている)職場を探すことに疑問を感じます。

好きでもなく、興味もないところに無理やり落ち着こうとしているのですから、心も身体も拒否反応を起こすのは当然だと言えます。

 

上手く行かなくてもツラいし、上手く行ったとしても心から喜べるわけでもなく、無気力や常に違和感を感じてしまいます。

この現状を変えるためには『自分はどうなりたいのか?』と自問自答することが有効です。

理想的な未来の自分ですね。

コーチングではゴールといいます。

 

よく頂く質問で、『自分に自信がないのに未来の理想的な自分なんてイメージできません』とおっしゃる人がいます。

しかしこれは全く逆です

自信があるから未来をイメージ出来るのではなく、未来を見ることができるから高いセルフイメージや自尊心、自信を持つことができるのです。

現状はそれなりでとくに目標もなく、惰性で仕事をしている人に高いエネルギーや自尊心を感じるでしょうか?

感じませんよね?

そもそもそのような人には高いエネルギーや自尊心は必要ないでしょう。

 

現状に全く満足できなくて、もっと良くしたい!もっとこうなりたい!!と感じている人は現状のコンディションが悪くてもエネルギーや自尊心に満ち溢れています。

これは一部の人が持っている才能ではなく、科学的に学ぶことができます。

そして実践することで、あなたも当然マスターできます。

詳しくは『ゴール設定の方法〜劇的な変化を体感する苫米地式コーチングの基本〜』を参考にしてみてください。

7.仕事が嫌で嫌でたまらない人が観る動画


まとめ

『仕事が嫌で嫌でたまらない人が読むと5分で気持ちが楽になる記事』

  • 新入社員のうちはミスするのが当たり前。
  • 他人の評価は気にする必要はない。
  • 私たちは誰を好きになっても嫌いになっても自由。
  • 私たちは誰をどのように評価しようが自由。
  • 他者が自分を好きになっても嫌いになってもその人の自由(その権利がある)
  • 職場ではプロとしての距離感を意識する。
  • 人間関係に悩んだら、その関係のゴールを再確認する。
  • 職場に執着しない。
  • 現状はゴール設定によって科学的に変えることができると学び、実践する。

参考になれば幸いです。

 

この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も読んでみてください

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)