一人で行動できない人の心理と不安を克服する方法

一人で行動できない



執筆者

コーチ 中原 宏幸
岡山県を中心に個人、団体を問わずコーチングを実施、広める活動をしています。
仕事、家族、恋愛、人間関係の悩み解決をサポート!
詳しいプロフィールはこちら
このブログでは日々の暮らしの中での、
マインド(脳と心)の使い方を、できるだけ平易な言葉でコーチング的な観点から解説しています。
facebook    twitter     Instagram    google+ youtube LINE@

友だち追加

コーチングに関する疑問が全て解決して今日からガツガツ使えるようになる
オンライン体験コーチング&講座
【完全マンツーマン 120分

自宅でご希望の時間に受講いただけます↓

一人で行動できない人っていますよね?

あなたの周りにも、どこへ行くのも連れ立って行動しなければ気が済まない人が一人くらいはいると思います。

もしかしたらあなた自身もそのようなところがあったりしますか?(私の学生時代のように・・・w)

 

もちろんそれは個人の自由ですし、何の問題もありません。

しかしこのブログでお伝えしているような、今の自分に見切りをつけて、新しい自分をスタートしたいと思っている人にとっては、これが”大きな足かせ”になる可能性が高いといえます。

今回の記事では『一人で行動できない人の心理と不安を克服する方法』をお伝えします。

 

一人で行動できない人が無意識に行っている”周囲に合わす習慣”を一度意識に上げてみることで自分で判断した生き方が出来るようになり、摩擦の多い人間関係もストレスフリーへと近づけることができます。

ポイントは相手から自分を見ないことです。

他者からの視線を過剰に意識することを止めてしまえば自分の本当にやりたかったことも見えてきます。

1.一人で行動できない理由

自分一人で行動できない理由は幾つかあると思います。

  • 周りの視線が気になる。
  • 誰かと一緒だと感情を共有できる、共有したい。
  • 赤の他人とのコミュニケーションが苦手(だけど話し相手が欲しい)。
  • なんとなく一人は寂しい。

などではないでしょうか?

一つずつ見ていきましょう。

 

”周りの視線が気になる”というのは常に周りを意識しているということです。(比べてしまっています)

他者から見た自分を過剰に意識するあまり、そこに囚われているといえますね。

”誰かと一緒だと感情を共有できるから”というのは親和欲求と呼ばれるもので共感したい欲求、人に好かれたい、仲間と一緒にいたい、自分の話を聞いてもらいたい、共感されたい、受けた恩を返したいなどの欲求です。

自分は一人ではないということを実感したい心理といえます。

”赤の他人とのコミュニケーションが苦手(だけど話し相手が欲しい)”というのは全てに共通していることですが、単純にそのコミュニティが好きなのです。(都合がいいとも言えますが)

場合によっては依存し過ぎている場合もあります。

 

”なんとなく一人は寂しい”と感じてしまうのは『一人でいる=友達がいない孤独な人』だという強い思い込みがあるからだといえます。

詳しくは後述しますが、これらは過去の記憶によるものです。(書き換え可能です)

 

上記のように理由は幾つかありますが、その本質は『居心地がいい』か、『単純に集団でいることが癖になっているだけ』のどちらかです。

2.ネガティブな記憶が関係していることも

先ほど『居心地がいい』から一人で行動しないと書きましたが、『居心地がいい』というのはポジティブな側面ばかりではありません。

コーチングではコンフォートゾーンといいます。

コンフォートゾーンとは居心地がいいというよりは『慣れ親しんだ空間』という方が適切です。

 

例えば、以前一人で行動していると『あの人は友達がいない。』、『一人が好きな変わり者だ。』という噂が流れて、それを意識するあまり、周りに合わせるようにしている・・・といった人も多いです。

その場合の『自分から望んで集団でいることを選択したわけではないのに、ずっとその状況を選択し続けている』という状態です。(これがネガティブな理由です。)

 

また、出る杭は打たれることを知っている、体験したために目立ったこと(一人の行動)が出来ないというのも然りです。

これらは過去の記憶から来ています。

過去に体験した情動記憶が強く残ってしまい、その人の日々の選択、生活に多大な影響を及ぼしているといえます。

 

つまり不本意なコンフォートゾーンを作ってしまうということです。

一度コンフォートゾーンができてしまうと、いちいち意識に上げず無意識の選択になってしまうため習慣化してしまいます。(つまり癖です)

周りも似たような人たちばかりなので、自分に近い価値観の人を近くに置き、協調することで自分の存在を確認しているような状態になります。(だから悪いというわけではありません)

さらにそのようなコンフォートゾーンにいると、人に合わせることが良いこと、合わせられないのが問題だという思い込みも強化されます。

3.もう集団で行動する必要は無くなった

昔は村や家族で団結しないと生きていけなかった時代がありました。

村長や家長の言うことが正しいとされていた時代です。(経験豊かなため)

家族単位で行動を共にしなければ生きることが難しかったのです。

 

しかし今はそんな時代ではないし、逆に邪魔な癖(習慣)だといえます。

個人の自己実現が当たり前の時代に敢えて集団を形成する必要はないのです。

このような集団に”属していなければならない”という思い込み(洗脳)が自分らしく生きる際にメンタルブロックになっている人が多数見受けられる。

 

もちろん先述したように、一人でも集団でも自分で選択したのであれば問題ありません。

しかし『誰かの承認を得たい』、『誰かと常に価値観を共有しておきたい』という思い込みがあなたらしさを阻んでいる可能性は非常に高いといえます。

さらに社会でも、品質の良いものを安定的に作ればものが売れた大量生産、大量消費時代はとっくに終わっています。

ここに来て、みんなと同じ価値観を共有することはデメリットしかありません。

4.あなたの本当にやりたいことは今の集団の中では見えない

ここからは自分らしく生きたい人が一人で行動する方法を解説していきます。

コーチをしていると『ゴール設定(人生の目標、夢の設定)をしたいんだけど、やりたいことがないのですが・・・』と相談されることがよくあります。

話を聞いていると、すべての人に当てはまる訳ではありませんが、集団行動の癖のようなものを感じることがよくあります。

 

実際に一人で行動が出来ないかどうかはともかく、極端に周りを意識するあまり、自分のやりたい事かどうかの前に周りの人(家族、友人、恋人など)がどのように思うのかを優先してしまっている人がとても多いです。

具体的にいいますと”今に自分”を基準にできる範囲内で見つけようとしているということです。

それでは本当に自分のやりたい事に出会うのは難しいです。

当たり前ですが自分の本当にやりたい事に他人の意見は必要ありません。(あってはいけません)

 

しかしそのような現状にいたのでは、自分で判断する前に無意識で『今度〇〇というものをやろうとしているのですが、どう思いますか?』と周りに許可を取ろうとしているようなものです。

つまり新しい興味が湧いても、その瞬間にこの無意識が瞬時に潰しているような状態です。

『あっ、そういえば・・・、いやっ、やっぱりいいです・・・』みたいな感じでしょうか。(もちろん意識には上がりません)

 

ですから『やりたいことが見つからないんです・・・』となってしまうのです。

無意識の思考パターンは自分では分かりづらいですが、意識に上げることで見つけることが出来るようになります。

そのために有効なのは集団を出てみることです。

具体的には新しい趣味を始めたりして何かに没頭できる時間、自分と向き合う時間を持つということが有効です。

物理的なつながりや影響力のある人間関係はとりあえず置いておいて、自分の頭で判断するということが重要です。

なぜその判断をしたのかを知るためにセルフディベートなども有効ですよ。(私も最近ハマっています)


5.ゴールがあれば寂しさや不安は感じなくなる

ここでコーチングのゴール設定をご紹介したいと思います。

コーチングのゴール設定は一般的な目標設定とはかなり違います。

 

とくに違いが顕著なのが、一般的な目標設定が現実的で積み上げ式なのに対して、コーチングのゴール設定は達成方法が全くわからないくらい大きなゴールを設定します。

そして『想像しただけでニヤニヤしてしまうくらい大好きなもの』です。

ゴールが大きなものでないとならない理由は現状の延長線上のゴールでは100%自分で選んだものだとはいえないからです。

ほとんどの人は身近な大人に多大な影響を受けて現状のコンフォートゾーンを形成しています。

 

ですから現状の延長線上だとそれらの影響を引き継いでしまうというわけです。

それでも本人は自分で選択したと思っていても、実際には両親の影響を受けまくっていたということはよくあります。

そのため現状を大きく離れる(現状をぶっ壊す)必要のあるゴールを設定することが必要であり、それは現状に囚われない未来にシフトチェンジしていくためということです。

 

先に説明した”過去の記憶によって出来上がったコンフォートゾーン”がまさに、『一度手放すべき現状』ということですね。

ゴール設定に関しては『ゴール設定を正しくすることで劇的な変化を体感する方法』をご覧下さい。

当たり前ですがゴールはオリジナルしかありえません。

当然すべて自己責任です。

 

ですから自分で考えて行動しなければいけません。

すなわちゴールのある人とは”何かを共に成し遂げる仲間”という関係はあっても、”現状でダラダラ過ごす仲間”という関係はありえないということです。

自分の存在、生き方、在り方を意識することでもあります。

『一人で行動できない理由』は『一人で行動する必要がないから』です。

現状で似た者同士でつるんでいればそれなりに楽しいですし、何より落ち着きます。

 

ですが、現状の自分に少しでも違和感を感じるのであれば、ゴール設定をお勧めします。

先ほどと矛盾するようですが、最初からぶっ飛んだものである必要はありません。

現状ではどうにもならないくらいのものであればいいということです。

再設定と更新の繰り返しなので、初めは現状の外であればいいのです。

 

文章で見ると大変そうに思えるかもしれませんが、要するに『今の自分を無視して大好きなことを始めましょう!』というだけの話です。

それをやってみたいという期待や好奇心が現状という引力を断ち切ってゴールへ向かうイメージでしょうか。

まとめ

最近電車に乗ることが多いのですが、学生さんの会話で”周りから浮く”言葉をよく聞きます。

私も学生時代はよく使っていたなぁと昔を思い出してしまいました。

”浮く”というのは出る杭を意味しているのだと思います。

 

つまり”周りから浮きたくない”というのは現状の集団に属していたいということを意味していますし、『出る杭になって打たれたくない』ということです。

それは自分の感覚、判断で生きていないということを意味しています。

集団の価値観を優先しているということです。

一人で行動できないというと目の前で理由や解決策を探してしまいます。

 

しかし根本は行動したくない人が集まってコンフォートゾーンを形成しているからです。

その原因が過去に由来するということは先述しました。

人間は必要に迫られると勝手に行動します。

その行動に最高に楽しいモチベーションがゴール設定というわけです。

一度実践して、体感していただけたらと思います。

この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も読んでみてください

この記事が気に入ったら
いいね!しよう



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)